menu

抜け毛に注意しよう!

3錠の青いカプセル

男性ホルモンが原因の抜け毛

男性の方は年齢ともにいろんな部分に衰えを感じると思います。その中でも男性がつい気になってしまうのは、やはり「薄毛」のことです。
薄毛の原因になってしまう原因の一つに「AGA」というものがあります。AGAは症状が進行してしていくと、前髪の頭皮や頭頂部などあらゆる部分が薄くなっていくとされています。このような症状になってしまうのは「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンが抜け毛を促進させてしまうからです。この侵攻を抑えていくにはどうすればいいか。このときに役に立てることができるのは「医薬品」です。
対AGA用の医薬品であれば、このジヒドロテストステロンの侵攻を抑えてくれる作用を持ったものが多くあるので、AGAで毛がなくなっていく頭を抱える男性の強い味方になってくれるのです。今回はどのようなAGA治療薬があるかや対処法をなどを中心に特集していきます。
今はインターネットという便利なものが存在しており、専門の病院を探すことも簡単ですし、病院に行けない理由がある人のために医薬品をネット通販で購入するという方法まであるのです。AGAは単なるストレスや不健康な食生活が原因で起こる抜け毛ではないので、ある意味ではやっかいなものです。
でも、対策をすることは可能になります。


心当たりはありませんか?

抜け毛がちょっと気になりだしたといっても、必ずしもAGAとは限りません。
まずは何か心当たりがないか考えていくことが大事になります。特に親族に同じような人間がいないか思い出してみましょう。
よくいうの両親のどちらかの父親、つまりは祖父にあたる人の髪質が遺伝しやすいということです。もし、自分の祖父が二人とも若いときから薄毛だった場合は遺伝がされている可能性が非常に高いです。それに当てはまる場合は早急に対策をしたほうがいいかもしれませんね。
また、以前より抜ける量は変わらなくとも、頻度が多いような人、朝起きると枕にたくさんの抜け毛がある人、元々脂肌な人などもAGA患者の特徴になっています。初めにAGAだと確定するのではなく、他にどのような症状があるか自分で調べていきましょう。もし、そのほとんどに心当たりがあると思えばそれはAGAかもしれません。でも、落ち着いてください。慌ててはいけません。近くの病院に行って相談したり、医薬品を調べて確実に対策をしていきましょう。そうすれば、多少は症状を抑えることができます。もしかしたら、症状を抑えて祖父と同じような感じに薄くならないかもしれません。

腫瘍の2つの医薬品。

現在AGAの医薬品として存在しているのは、「プロペシア」と「ミノキシジル」の2種類になっています。
これらは服用の目的こそは同じですが、その作用が働くまではの過程はちょっと違います。ここで、2つの医薬品の特徴を説明していきましょう。
まず、プロペシアですね。プロペシアは男性ホルモンに含まれているジヒドロテストステロンの侵攻を抑える働きがあります。
本来のジヒドロテストステロンの動きを鈍らせることができるので、太く長い髪を抜ける前にしっかりと成長をさせることができるのです。
そして、ミノキシジルがどのような作用かといいますと、ジヒドロテストステロンの妨害ではありません。
髪に栄養を送るための血管を太くしてくれます。なので、髪の成長に必要な栄養をより確実に送ることができるのです。
意識的に摂取しないと、なかなか髪のための栄養が行きにくいのですが、このミノキシジルでその問題を解消します。
また、いずれに共通した注意点もあります。まず、未成年の方に向けた医薬品ではないので、服用をしないようにしてください。
これは男性用の医薬品なので、当たり前ですが女性が服用をしてはいけません。また、特に妊娠をしている女性は触れることも危険です。
女性の方で悩んでいる人のためにも女性向けの医薬品を探してください。

オススメ情報

瓶から溢れる薬

「AGAになったら、医薬品で抜け毛の対策を万全にしましょう。」のオススメ情報です。

read more »

コストを抑えたい人向け

少量散らばっている薬

ジェネリック医薬品はここ数年で注目をされ続けている医薬品になります。このジェネリック医薬品が人気になる理由などは全部ここで紹介しているので、ぜひチェックして欲しいですね。初心者なら尚更です。

read more »