コストを抑えたい人向け | AGAになったら、医薬品で抜け毛の対策を万全にしましょう。
menu

コストを抑えたい人向け

少量散らばっている薬

皆さんはジェネリック医薬品という言葉は一回は聞いたことがあると思います。テレビや雑誌、その他のメディアでもよく特集もされています。
このジェネリック医薬品というのは何かといいますと、海外ですでに完成し、服用もされている医薬品のことをいいます。
この医薬品を日本の製薬会社などが日本人が抵抗を持たなくして、服用できるように改良したもので、注目もされているのです。
値段も安くなっており、特に継続して服用をしたいAGAの医薬品は経済的にも非常に優しいといえます。
今回特集しているAGAの医薬品もジェネリック医薬品という形で販売されていることが多いです。
でも、このジェネリック医薬品がここまで流行っていることにある疑問も生まれます。「なぜ、国産の医薬品を作らないのか」という疑問です。
それは、患者さんが安心して服用ができるまでの状態にするまでに途方もないような時間と莫大な資金が必要になるからです。
まずは医薬品を新しく作るための材料や人材が必要になります。また、専用の道具や施設の開発、維持費なども必要です。
このような費用がかかる状態を最低でも10年は必要とします。2年や3年では解決しないのです。また、10年待ったからといって絶対に完成する保証もないのです。こんな曖昧なことに数十億かけるような余裕はどの会社にもないのです。もし、成功してもかなり高額な医薬品になり、患者さんも手に入れづらくなるのです。それだったらジェネリック医薬品という形で販売した方が、お互いのコストの負担を大きくせずに済むのです。
でも、ジェネリック医薬品のなかには品質が落ちる医薬品も少なからずありますので、一度医師に相談してみましょう。